星虹思械 BRICOLEUR

ブリコルール10周年記念作品

ココロ動カス者2019

起動から十年が過ぎ、ついにアップデート「虹色カクテルの罠」を発動。ブリ子のあらたな挑戦へ。

Prologue

数年前に開発中の事故で消失した、
マイクロブラックホールを利用した
ワープエンジンの残骸が、
突如火星軌道上に出現したことで、
時代が大きく動くことになる。

この事件をきっかけに、
人類は縮退炉を確立させ、
地球外生命体(WORM)との
「カルネアデスの戦い」を
様々な代償とともに終えることができた。
しかし、政治不信、金融不安、
不当な領土宣言などを
発端に地球帝国は分裂。
火星へ移らざるを得なくなったシリウス移民との
銀河内戦状態の時代に突入した。

そんな時代とは無関係を装うかのように、
彼女たちは地球帝国宇宙軍付属新幕張女子高等学校で
運命的な出会いを果たす。

このときはまだ、
またあの亜光速の虹を見ることになるとは
知るよしもなかった…。

Characters

野宮リコ(ブリ子)17歳Nonomiya Riko

地球帝国宇宙軍付属新幕張女子高等学校2年

宇宙パイロットに憧れる女子高生。
成績・戦績優秀だが、褒められることは苦手で、若干とっつきにくいことから、性格ブスのブリ子と呼ばれている。
クールぶっているがただのひどい⼈⾒知りで、何事にも冷めているように見えるがハートはとても優しく熱いものをもっている。

自分で書いたペットのらんすけのTシャツがお気に入り。
好きな言葉は「努力・根性」。料理はヘタ。

普通の女の子のように見えるが、縮退技術を用いた量産式人型決戦兵器(アンドロイド)で、戦闘未適格者として市民権を得て、普通の女子高生として生活をしている。

Twitter

レヴィ・C・ストラウス  17歳Levi Cloud Strauss

地球帝国宇宙軍付属新幕張女子高等学校2年

女子高生でありながら、LD-1000(エルデ・ミーユ)に搭乗する宇宙パイロット。ブリ子と同じクラスに特待生として転校してくる。

成績・戦績はブリ子よりも優秀、明るく元気でいつも強気。少々強引でツンデレのイチ面ももちあわせているが、学園の人気者。
かわいらしいお嬢様の風格も垣間見せる反面、スカジャンなどであえて不良らしさを演出しているという。

ブリ子もデモ戦にまけてから、「おねえさま」と慕うようになり、ブリ子に関してはとくに面倒見がいい。謎も多いが、最も知られたくないシリウス系の出身であることは隠してる。

エルデ・ミーユ LD-1000

地球帝国宇宙軍直掩AF機部隊

地球帝国が保有する対消滅炉を動力源とする搭乗式人型決戦兵器AF機。各パーツから放出されるミサイル、ホーミングレーザーなどを中心に戦い、少ないモーションから発動までをすばやくするため、武器はあえて持たない。

左肩から腕にかけては、歴戦で消失したが同型機のSL-76の腕を実装したためバランスは悪い。しかしマシンガン等で煙幕を張りながら戦略的に攻めていくことも可能で、後の汎用機のベースとなる。

パイロットはレヴィ・C・ストラウス。
禁忌とされる技術を搭載している噂も。レヴィの覚醒とともに実証されることになる。

アルカン・シエル(ブリ子覚醒バージョン)Arc en ciel

地球帝国宇宙軍直掩思械隊

量産式で戦闘不適格とされたブリ子であったが、「虹色カクテルの罠」の発動により、伝説の決戦兵器アルカン・シエルに進化する。

思械隊とはナノ技術で建造された思考主推進機能を搭載したアンドロイド部隊のこと。弱点は感情をもっていることとされ、人道的な理由により建造は中断されていたはずだった。

両腕、胸から放出されるマイクロブラックホールは、あらゆる物理法則も効かず、相手の攻撃さえも吸収・変形させてしまうAMPを搭載している。
亜高速での移動も可能で、亜空間にいるときに7色の橋(虹)のようなものを唯一観測することができたことから、アルカン・シエルと呼ばれるようになる。

ひょうたん Hyotan

主推進型人工知能搭載プログラム

ネットで話題のゆるキャラ「ひょうたん」。
ブリ子とレヴィはいつもこのキャラの話をしている。
かたちはひょうたんの形をしているが、正確にはひょうたんではない。

主推進型人工知能を搭載しているとされ、ネット上の様々なノイズを養分として成長するデジタルの妖精。吸収したノイズが体内に溜まり、ひょうたんのような形になっている。
お腹が空くとリアルにも降臨するらしい謎多きキャラ。
お守りとしても人気で、レヴィがブリ子にプレゼントしている。

ひょうたんと思われることも楽しんでいるとツイートしている。

Twitter

らんすけ Ransuke

ブリ子の愛犬

ブリ子が来ているTシャツに描かれている愛犬。
つねにブリ子と行動をともにしたがり、学校にまでついてくる。
容姿はボストンテリアに似ているが詳細は不明。お尻には謎の番号が刻印されている。

Story

第一話
第二話
第三話
第四話
第五話
最終話

第一話転校生はおねえさま!?

西暦2306年。WORMとの戦いが終わり200年余り。
都市部の重い空気とは縁遠い、千葉のベッドタウン。

愛犬「らんすけ」とともにごく一般的な高校生活を送っていたブリ子に、ターニングポイントは突然訪れる。ブリ子と同じ宇宙ロボット操縦技師工学専攻クラスに転校してきた、ツインテールの美少女レヴィ。スポーツ万能で成績優秀。

何事にも興味を示さないブリ子でさえも、量産搭乗式人型決戦兵器プロトタイプのデモ戦で圧倒的な強さを見せるレヴィに心奪われてしまい、人気の連続テレビアニメ「カルネアデス戦記」の主人公の「カスミおねえさま」とダブらせてしまい、レヴィをおねえさまと呼ぶようになってしまった。

第二話真っ赤な麦わら帽子

人型決戦兵器の高性能なゆえの弱点は感情を持っていること。ならばなぜ人型なのかという自問自答を繰り返すうちに、人見知り傾向にあるブリ子であったが、ツンデレと軽く交わすレヴィの独特の明るさに、二人の深まる友情に時間は必要なかった。

量産搭乗型プロトタイプへの搭乗は、パートナーとのシンクロが求められるため、学校の授業、体育祭の応援団、文化祭での臨時アイドルユニット『虹色カクテルガールズ』結成など訓練も兼ねつつ学園生活を満喫していた。

ブリ子は人型であることに感謝さえする気持ちも芽生え、いつかおねえさまのようになりたいと日々想いを募らせる。いつもの海沿いの人気のない帰り道。レヴィは自身の生い立ちを語りはじめる。

第三話機械じかけのオレンジ

二人の話題は愛犬らんすけの話題か、人気連続テレビアニメ「カルネアデス戦記」の話か、MetaNetに存在する謎のキャラクター「ひょうたん」の話題だった。

ネットのノイズを吸収し、ひょうたんのような形になったといわれるデジタルの謎の妖精として人気があり、1980年代頃から存在し続ける主推進型プログラムということもあり、末永く一緒にいられるお守りとしても人気があった。

レヴィは1万年後でも一緒にいられるようにと「ひょうたん」のお守りをブリ子に手渡した。そのときブリ子の中になにか強い鼓動を感じ、自分が自分でなくなるような感覚を覚えた。レヴィはブリ子が幻の決戦兵器、オレンジの悪魔ブリコルールだと確信したのだった。

第四話動乱2307

過去に突如火星軌道上に現れたエンジンの残骸が発見されたとき、さらに先の時代にワープアウトした一人の女性科学者と子供がいたと、その子供がレヴィであることを打ち明けた。
カルネアデスの戦いで消失した英雄の救出作戦「サルベージ計画」が、国を分断するに至った背景に、レヴィの母が研究していた縮退とクローンの新しい理論の行方が関係していることも。

レヴィの本来の目的である、物理法則改変能力(Ability to modify physical law)に反応するクローン技術により生まれた特殊生命体の探索、それにはアルカン・シエルであるブリ子を再起動させる必要があったと説明する。 それに反応してしまったらんすけは、WORMと認定されてしまい、地球帝国、シリウス銀河連邦が動き出す事態に発展したのだった。

第五話覚醒!虹色カクテルの罠

らんすけは、過去に駆逐したWORMと同じ生命体反応をしており、サルベージ計画の裏で争奪戦を繰り広げていたバイオロイド技術そのものだった。

検体番号から推測すると、らんすけは未来で作られた生命体が過去に戻ってきたことになる。過去のWORMとの戦いは、バイオロイド研究により特殊能力が引き出された生物(人間・動物)が、過去にワープアウトしてきたものだと、レヴィは知っていた。

ブリコルールとして更に覚醒したブリ子、エルデミーユに搭乗するレヴィの二人はWORM化したらんすけを守ることを決意。帝国への反逆と連邦の攻撃を二人で受け止めることになってしまった。しかしレヴィにも異変がおきていた。

最終話轍(わだち)の先に

レヴィはワープエンジンが開発段階だった時代の人間である。レヴィが持つ宝物の写真に映る、レヴィともうひとりの小さい女の子。

事故の残骸とともにワープアウトしてきたとき、瀕死のレヴィに施した母のクローン技術による治療が、偶発的にバイオロイドの特殊能力リビルドを発動した。エルデミーユはリビルドを動力源とする対消滅炉を積み、WORMとして暴走してしまう。

それに呼応するかのようにワープアウトしてくるWORMと、敵味方関係なく暴走するレヴィが、ブリ子にも容赦なく襲いかかってくる。ブリ子は決死の覚悟で「星虹の部屋」と呼ばれる亜光速空間に引きずり込むことに成功し、二人は訪れるであろう未来について語るのだった。

イメージ動画

  • WORM

    地球外生命体の総称。ワープアウトして増殖する姿が、2000年代初頭のコンピューターマルウェアの自身を複製し増殖するプログラムに似ていることから、ワームと名付けられる。

  • カルネアデスの戦い

    WORMから地球を守る戦い。二人の宇宙パイロットの活躍により現在は収束しているが、パイロットの消息は不明。

  • サルベージ計画

    WORMとの戦いで消失した英雄を救出しようとする計画。

     
  • 地球帝国

    対地球外との対話・交渉の時代に備え、世界憲章により統括された連合国の総称。

  • シリウス銀河連邦

    主に火星への移民で構成される国家の連合国。こちらこそが真の地球であると多くの保守系が存在する。

  • 地球帝国宇宙軍直掩思械隊

    WORMとの戦いで主推進型人工知能を実装したアンドロイド(思械と言われた)で結成された部隊。現在は存在しない。

  • 地球帝国宇宙軍直掩AF機部隊

    地球帝国開発の搭乗式決戦兵器を主戦力とする部隊。

  • 地球帝国宇宙軍付属新幕張女子高等学校
    (幕女 まくじょ)

    千葉県の幕張にある宇宙パイロットを育成する軍付属の女子校。沖縄にもある。

  • 縮退炉

    マイクロブラックホールを利用した動力源。

  • 対消滅炉

    反物質を利用したエンジン。このエンジンを搭載した決戦兵器にのれるのは、リビルドを有するバイオロイド。

  • 主推進型人工知能

    あらかじめプログラムされたものではなく、自ら考える能力をもつプログラム

  • 量産式人型決戦兵器

    縮退炉を動力源とする兵器としてのアンドロイド。人道的な観点から現在は人型の製造は中止されている。

  • 量産搭乗式人型決戦兵器プロトタイプ

    操縦するタイプのロボット兵器。幕女の練習機。

  • 搭乗式人型決戦兵器AF機

    対消滅炉をもつ搭乗式人型決戦兵器(Annihilation furnaceの略)

  • AMP

    物理法則改変能力(Ability to modify physical lawの略)あらゆるものを物理変換・吸収し、別の物質に再構築できる機能

  • リビルド

    バイオロイドの特殊能力。AMPと同じで人間の遺伝子操作により発動できる能力。

  • ブリコルール

    物理法則改変能力を持つアンドロイド、バイオロイドの総称。

  • オレンジの悪魔

    旧地球帝国宇宙軍直掩思械隊にいた、プロトタイプで中止されたモデル。数機存在すると言われたうちの一つ。

  • カルネアデス戦記

    カルネアデスの戦いで活躍した宇宙パイロットを題材にした連続テレビアニメ。ブリ子は主人公のカスミおねえさまに憧れている。

  • 恋は別窓

    ブリ子とレヴィが学園祭で披露したアイドルユニット『虹色カクテルガールズ』の楽曲。

  • MetaNet

    インターネットとは別レイヤーのブロックチェーンを利用したネットワーク。

  • ワープエンジン

    マイクロブラックホールを利用したワープ用のエンジン。開発中の事故により偶発的に完成した。

  • ワープアウト

    超光速航法から離脱すること。慣性を無効化するAMPと似た機能を有する必要があり、火星軌道上に現れたエンジンのデータから開発が完了した。

  • 星虹の道

    亜光速で移動するときに突入する空間。亜光速中に虹のようなものを認識できることから。

Goods

Download

LINE Stamp

Wallpapers