• お役立ち

4大SNS(Facebook, Twitter, Instagram, LINE)の日本における利用状況《2016年10月現在》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内で人気の主要SNS「Twitter」「Facebook」「Instagram」「LINE」について、最新の利用状況をまとめてみました。

ユーザー数とアクティブ率

TwitterはMAU(月間アクティブユーザー数)です。FacebookとInstagramについては、おそらくMAUだと思われますが、出典元の記事中にはMAUとは明記されていません。LINEも同様で資料には「国内利用者数」という記載しかありません。ただ同資料の一つ前のページでグローバルなユーザー数を示す指標としてMAUが取り上げられているので、国内利用者数というのもMAUの値ではないかと推測されます。

ここから見えてくるのはやはりLINEのユーザー数でしょうか。実に「全人口の半数以上がLINEのアクティブユーザー」というのは他のSNSを圧倒的に引き離しています。

アクティブ率ではLINEに続きInstagramが80%を超える高い値を記録しています。

ユーザーの男女比

Facebook※6 Twitter※7 Instagram※7 LINE※8
男性 53.9% 48.4% 39.4% 46.4%
女性 46.1% 51.6% 60.6% 53.6%

Facebookのみ男性比率が女性比率より高いという結果になっています。ただ、出典元データ(※6)の母数が他の2つ(※7,※8)のデータに比べると極端に少ないことから、参考程度に考えたほうがよいかもしれません。

その点を差し引いて考えても、注目すべきはやはりInstagramの高い女性ユーザー比率でしょう。他SNSの男女比がほぼ拮抗しているのに比べて、10ポイント以上の差が出ています。

ユーザーの男女別年代別比率

男女別年代比率については、FULLER(フラー)株式会社さんのApp Ape Laboratoryで横断的な調査結果が公表されてますので、引用させていただきます。

app-ape-chart

FacebookLINEは男女とも30代+40代でほぼ半数を占めています。これらの世代を中心に、幅広い世代にバランス良く利用されている印象です。

Twitterでは10代の利用率の高さが際立っています。20代と併せると半数を超えることから、特に若い世代から高い支持を得ていると言えるでしょう。

Instagram男女の利用率の差がはっきりと表れています。20代女性だけで40%強、20代+30代女性で70%と、所謂F1層の利用率が非常に高いことが伺えます。

おわりに

いかがでしたか。今回調査を進めるにあたり、「各社が広告出稿用に提供している媒体資料などを見ればすぐわかるだろう」と考えていたのですが、そうした形のデータが掲載されたものを公表しているのはLINEくらいで、他社ウェブサイトでは発見できなかったことにビックリしました。この手のデータはナマモノなので、すぐに鮮度が落ちてくることと思いますが、今後も折りに触れウォッチできたらと思います。